FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までのSMはごっこだった・・・・

私が彼女たちの足元にひれ伏し
頭を床に擦り付けながらご挨拶をすると
美月女王様はソファーに腰を下ろされた
「私って、女王様っていうより、男が嫌いなの、
でもね、私に虐められて苦しんでいる男を見るのは
大好きなの。分かる?まぁ奴隷のお前には関係ないけど
私がやることに、口答えをしたら、どうなるか?わかるわよね?」
僕はその言葉にゾクゾクしながら、ペニスが
ギンギンに成っているのを感じた、
その時、私の後ろに回っていた愛女王様が
私の股間を思いっきり蹴り上げた。
私は声にならなほどの痛みで唸るだけだった。
「誰がちんこ立てろって言ったの?
お前を楽しませるためじゃないんだよ」
「躾のない男なんてみんなこんなもんだよね、愛」
「ほんと、男なんて女をみれば気持ち悪いモノを立てて
年中エロい妄想ばかりであきれるわね」
僕は痛みにこらえながら、
「愛女王様、美月女王様申し訳ございません」
とだけ必死に訴えた。
「お前が本当にマゾかどうか知らないから
抵抗されても嫌だし、マジデそのチンコ付いている
生き物を弄びたいだけだから、抵抗できないように
しっかり縛らせて貰うからね」
そう言うと、愛女王様が僕の脇と手首を紐で回し、
同じように太ももの付け根と足首を紐で結び、
肘と、膝でしか歩くことが出来ないようになった。
「ようやくオス犬らしくなったわねw
まずは、最初にホテルの前で渡しに逆らった罰として
この鞭で20発ね、途中で悲鳴をあげたら追加するから
覚悟しな!」
そう言うと美月様が1m程の長さの1本鞭で僕の背中を
鞭でうち始めた。
冗談では無いほどの激痛だった、
5発くらい撃たれた時に、思わず死ぬかと思うほどの痛さだった、
10発位だろうか?皮膚が破れ血が出ているらしく、
床に血がついていた。
「やだ・・・・汚いオス犬の血が私の大切な鞭についちゃう!!!
たった10発くらいで・・・・・情けないわね。」
僕はすでに涙目になっており、美月様はその評定をみて
にこにこを微笑んでいた。
スポンサーサイト
[PR]

その2

「ほら、さっさと服ぬぎな」
服を脱ごうとと立ち上がった瞬間、
愛様からビンタを食らった
「おまえバカなの?プレイは始まってるし、
お前はさっき4つ脚で歩けっていわれたばかりだろ?
なんで人みたいに立つわけ?舐めてるの?」
僕は狼狽しながらすぐに謝罪した。
「愛様、大変申し訳ございません、
ズボンをぬごうとし・・・」
すると今度は美月様が鞭で僕を打ち出した。
「あのさ、マジでバカだろ?お前が言って良いのは
(はい、ありがとうございます)だろ?
お前に最後のチャンスをやるけど、
あたしたちは、男がしてほしいプレイは一切しないし、
お前が望んだプレイなんて聞き入れない、
さっきの契約書に書いてあったとおりだよ?
嫌なら帰りな、こっちも馬鹿に付き合ってる程
暇じゃないんだよ」
「大変申し訳ございません、私が愚かで馬鹿な為に
美月女王様に不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。」
僕はあわてて、這いずりながら、服を脱ぎ、
改めて、彼女たちの足元にひれ伏した。
「今日は、本当の奴隷がなんなのか、
お前に教えてやる、覚悟はいいね?」
「はい、愛女王様、美月女王様、愚かな私に
お時間を下さいまして誠にありがとうございます。
馬鹿なオス犬を、奴隷として扱って頂き心から感謝しております。
本当の奴隷として未熟な私に厳しく躾けて下さいませ。」

リアルでの女王様との出会い。

有る出会い系サイトで、女の子2人虐められたい
本物のマゾ募集と書かれていた。
よくある売りであったが、年齢も19歳で、2人の女王様というのに
僕は惹かれ、メールを入れた、
条件が合い、日曜日役で待ち合わせをすることになった。
「はじめまして。愛様でしょうか?」
メールに有った場所で、黄色いハンドバッグが目印だったので
僕は声をかけた。
「こんにちは。お前がよしのり?」
「はい、愛様。M男のよしのりです」
「ふ~ん。メールに書いたと思うけど。
M男君は要らないよ?私達がしたいことだけしかしないし、
絶対に命令に従う、それで大丈夫?」
「はい。僕は女性にイジメられることが好きなマゾです、
むしろそのほうが僕に取って幸せです」
「じゃ一応、これにお前のサインしといて」
そこには、SMプレイに置いて愛女王様が望むプレイを
よしのりが希望したため、愛女王様が希望を叶えるため
プレイを行うと書かれてあり、絶対服従や、怪我など一切
責任を負わないなどと書かれてあった。
その時点では、僕は彼女たちを舐めていた。
これから始まるプレイは僕が今までに経験したことが無い
本当の調教であった。

「私は愛。こっちは美月ね、言葉遣いは奴隷として大丈夫だよね?」
「私もそうだけど、美月はもっと厳しいからね?w」
「勿論でございます。美月女王様、愛女王様、宜しくお願いいたいします」
3人で近くのホテルに行くことになったが、ホテルの手前10mくらいの所で、
美月女王様が
「こっから始めるからさ、首輪付けて、4つ脚でおいで」
私は言われるまま、首輪を付けて頂き、
彼女たちの後ろをリードを引かれながらホテルに入った。
日曜日ということもあり。待ちが有ったようで
少しロビーで待たされることになったのだが、
僕は首輪を付け他状態で、彼女たちの足元に居た。
「あの・・・」
「は?だれが喋っていいていっての?プレイは始まってるんだよ」
「お前に許されるのは、はい。ありがとうございますだけだ」
「はい。愛女王様。申し訳ございません」
すごく恥ずかしかったが、今までのプレイと違い、
彼女たちがかなりのSだというのが分かる。
露出?野外でプレイするにしてもひと目は結構避ける。
女性も、しつは恥ずかしいからであり、奴隷だから
恥ずかしくないというわけでは無かったからだが、
彼女たちは僕を奴隷として見ており、犬程度の認識なのかもしれない。
30分ほど、待たされ、色んなカップルにジロジロみられ
ようやく部屋に通された。
「ふ~。まったく昼間っから、男女乳繰り合って、つかれちゃう」
「ほんとよね。男なんて虐める為に存在する生き物なのにね~」
おそらく・・・この2人はレズであり、男は虐める対象でしかないのであろうか?
「気が気がない奴隷だね、女王様の靴を脱がせて、並べる気遣いすらできないの?」
「申し訳ございません。」
僕はスイッチが完全にマゾになっていて、
彼女たちの靴を脱がせ、部屋に入っていった。

プロフィール

よしのり

Author:よしのり



住所:愛知県


年齢:45


趣味:映画・洋楽


M歴:20年


性癖:脚・お尻フェチ

精神的にもドM


アドレス:joseisuuhai@yahoo.co.jp

誰も見た事のない変態フェチジャンルのバキュームベッド動画をまとめています。↓

バキュームベッド動画

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。