FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 1月経った僕

ここに来てどれだけ経ったのだろうか・・・
いま生活だが、
優奈様が来てくれる時間が今の僕の最大の幸せになってきている、
優奈様の鞭の痛みだけが僕の幸せになってきている、

鞭と射精

「コロ、その左側の壁に向かいなさい」
「そう。じゃぁ立っていいわよ」
「はい。優奈様」
優奈さんは、僕が立ち上がると、足の鎖を壁にあるフックのようなものに
取り付けた、そして、手かせの右手だけを外し、
左手も同じように壁のフックに取り付けた、
「これでいいかしら?   あぁ。大事なことわすれてたわね」
ゆなさんは僕にはめられている、金属のパイプのカギを外し、とってくれた、
いつも見慣れた物のはずだが、今のペニスははちきれんばかりに大きくなっていた。
「あら~ずいぶんと大きくしてるのね~」
「だしたいんでしょう?」
「はい!出したいです。優奈様!」
「それじゃ。コロがしている間は私が鞭で刺激をあげるからやりなさい」
「え・・・何もしていないのに鞭ですか?」
「何言ってるの?さかりが付いているのだから、これは調教でしょ?厭なの?止める?w」
「え。いえ。出させてください。優奈様。お願いします」
僕はもう、出させてくれれば、何でもしたい気持ちでいっぱいだった
そして、僕は鞭を打たれながら、あっという間に逝ってしまった・・・
「あら?w早いのね~もう出ちゃったの?つまんないな~」
「はい。いえ。あの。ありがとうございました優奈様」
「鞭で叩かれながら、逝っちゃうなんてコロは変態ね~」
変態?!
たしかに。鞭で叩かれながらしたのは初めてだが・・・これってやっぱり変態になっちゃうだろうか・・・
「それにしてもいっぱい出たのね、変態クン」
優奈さんはそう言って、僕の手をフックから外した。
「変態くん、その壁についた、変態汁を舐めて綺麗にしなさい。」
「え・・無理です、できないです」
「あら?本当におバカな犬ね。また逆らうの?」
僕は反射的に、なめ始めた,
ここで起こることは何もかも初めての事だらけだ・・・・
初めて口にした自分のアレは口では表現できない味と、恥辱でいっぱいだった、
僕が自分の出したモノを舐めている間に、また金属のパイプが装着されてしまった、
「コロは気づいて無いだけで、鞭で叩かれながでも逝っちゃう変態なのよ」
「変態で馬鹿で、何の役にも立たない屑と言うことをちゃんと自覚しなさい、いいわね?」

僕はその日1日、優奈さんに言われたことをずっと考えていた。

# 射精するために、

「まぁいいわ、出したいのでしょう?もうその中ではちきれそうになってるものねw」
「でも。その前にシャワーもあびましょうね、3日もお風呂にはいってないから
くさくてしょうがないわ」

僕は優奈さんに首輪をつけられ、4つん這いのままその後に続きお風呂場にいった、
そこで鉄のパイプから解放された僕の物ははちきれそうにそそり立ってしまった。
優奈さんに言われるまま体を洗い終わると、優奈さんは

食事の中身・・・

「それじゃ、コロ、また夕飯の時に特性の餌をもってきてあげるから
それまでおとなしくしていなさいね。」

「はい、優奈様・・・」
女性はそう言って立ち去ってしまった、
何もすることもなく、退屈な時間が始まった・・・・
しかし、何故か股間が窮屈で仕方なかった、
触れることができないあそこが何故か膨張し
金属に締め付けられているようだった・・・
多分、食事に変な臭いがしていたが、何か入っていたのだろうとは思うが、
精力剤とか何かだろうか??!
自分で射精することができないどころか、それを抑える事すら出来ないなんて・・・
そんな事を思いながら、3日の時間、ただ女性からは食事を与えられ続けた、
金属の物のきつさは相変わらずだったが、それより何より、
僕はオナニーがしたくてしたくてたまらない状況になっていた、
たった3日くらいオナニーなどしなくても、今までなんともなかったのだが、
今日は、頭が真っ白になるくらい、したくてしたくて、たまらない、
優奈さんが来て射精の許可をを貰えば、外してもらえるはず・・・・
僕は優奈さんが現れるのを、早く来てくれることを願っていた。
多分、もうすぐしたら食事の時間のハズだった、
それからしばらくして、優奈さんが入ってきた。
「コロ。餌の時間よ」
僕はたまらず、優奈さんに声をかけた。
「優奈様!、お願いがあります・・・どうか、あの・・・その・・・
出させて欲しいのですが・・・・お願いします。」
「あら?いいわよ、そこのボールに用をたしていいわ」
「あの・・・優奈様、そっちじゃなくて、その・・・しゃ・・射精をしたいです・・・」
「っふ・・」
「あら?wコロは発情しちゃったの?」
「は・発情?え・・・その、これは多分普通の男ならだれでも起こる現状でして・・・」
「何言ってるの?たった3日くらいで、射精のお願いだなんて、発情じゃないの?w」
「もっとも・・w コロの餌には特別な物がいくつかはいってるからw仕方ないかしらね~」
「え?やっぱり、精力剤とかなにかでしょうか?」
「ん~~、まぁそんなような物かしらね~w」

ペットとして

「はい、ゆ・・・優奈様、すいません・・逆らいません」
そう言ったにも関わらず、女性は僕にまた鞭で叩いてきた・・・
「鞭で、躾けて貰ったのだからちゃんとお礼くらい言ってもらいたいわね」
「コロはそんな当たり前の事すら言えないのかしらね?」

「すいません、優奈様、まだペットとして日が浅いので許してください、
躾けていただきありがとうございます」
僕は慌てて女性に言い直した、
「おお、優奈は厳しいな(笑)まぁ、俺も躾けられたペットが好きでね、
コロもちゃんとその事は理解していたほうがいいぞ」

「ああ、俺のことは”ご主人様”と読んでくれ、いいな?」
「はい、ごしゅ  じん さま・・」
ここの人の趣味には理解できない・・人をペットで飼って楽しいのだろうか・・・・
ペットなら犬とか猫の方が全然可愛くて犬なんて従順だからこんな・・・・・
ああ・・犬みたいにしてれば叩かれないかな・・・じゃ簡単かな?
「コロ?お前はどうしたら叩かれない事を考えてるかも知れないけど、そんな事じゃダメよ
心から私の命令に従い、忠実なペットになれる努力をしていく必要があるわ」

「返事は?」
「はい!優奈様、優奈様には逆らいません、なんでも努力します」
これでいいのかな?、この先もこうしかないとダメなんだろうな・・・・・
「あの・・優奈様、すいませんがおトイレに行きたいのですが」
「あら?おりこうさんね、トイレがしたい時は必ず私の許可を得なさい
いいわね?」
「檻の横にボールがあるからそこでしなさい」

まじか・・・・でも逆らうとまた・・・・・
「はい、優奈様・・・・」
僕は初めて女性の前でそれも四つん這いの格好で
放尿している姿を見られ、とても恥ずかしくて仕方がなかった・・・・
「ほら、トイレを許可してあげたでしょ?なんていうの?」
「優奈様、トイレを許可して頂きありがとうございます」
なんでトイレで許可とかありがとうなんだ・・・・
「勝手に出したら・・・・解ってるわよね?」
「もちろんです!優奈様」
「トイレは勿論、射精も私の許可した時だけよ?もっともそれ付けてるから
できないとは思うけどね ふふっ」

プロフィール

よしのり

Author:よしのり



住所:愛知県


年齢:45


趣味:映画・洋楽


M歴:20年


性癖:脚・お尻フェチ

精神的にもドM


アドレス:joseisuuhai@yahoo.co.jp

誰も見た事のない変態フェチジャンルのバキュームベッド動画をまとめています。↓

バキュームベッド動画

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。